詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ユナイテッド ミュンヘンの悲劇のあらすじ

1958年2月6日、UEFAチャンピオンズカップに参加したチームを乗せたチャーター機が敵地からの帰路、給油のために立ち寄ったミュンヘンの空港で離陸に失敗。
乗員乗客44名のうち23名を犠牲にする未曾有の飛行機事故に遭遇。
チームの主力選手8名クラブ関係者3名の尊い命が奪われた。悲劇を乗り越えて再生を目指すチームの真実の物語。

クラブカラーから「赤い悪魔」として恐れられるイギリスの強豪、マンチェスター・ユナイテッド。1956年、アシスタント・コーチを務めるジミー・マーフィーは二部所属の若い選手ボビー・チャールトンに、高い結束力とユニークな指導で有名な「バズビー・ベイブス」と呼ばれる一部チームへの参加のチャンスを与える。
一方、監督マット・バズビーはフットボールリーグの代表アラン・ハーデイカー(英語版)に、国内リーグの全ての試合に参加するならばUEFAチャンピオンズカップへの参加を認めると説き伏せられる。

過酷な日程の中でもユナイテッドは国内リーグとチャンピオンズカップ両方の優勝を狙える位置にいた。
そんなある日、1958年2月6日。国内リーグの日程は変更できないとされたため、チームはチャーター機で移動することになった。
ユーゴスラビアのベオグラードからの帰途、給油のためにミュンヘンに着陸。雪の中、3度離陸を試みたが、失敗。

2度離陸を諦めていたことで危険を感じて後部座席に移動した人も多く、被害を拡大した。後に『ミュンヘンの悲劇』として知られる事になるこの大惨事では、乗員乗客44名のうち23名が亡くなり、マンチェスター・ユナイテッドは主力選手8名、クラブ関係者3名を失う。
生存者のうち試合に参加できるのはたった4人だけだった。

マンチェスターに残り、サッカーウェールズ代表監督として指導をしていたジミーは、バズビーが危篤状態のため代理監督となり、存続の危機的状況にも関わらず次のホームでの試合にチームを参加させることを誓う。
ついにはFAカップの決勝戦(英語版)にまで進む。
深い悲しみから立ち直ったチームのユニフォームには、不死鳥のエンブレムが加えられることになる。

ユナイテッド ミュンヘンの悲劇のキャスト

脚本 クリス・チブナル(英語版)
プロデューサー ジュリア・スタナード
出演者 デイヴィッド・テナント
ジャック・オコンネル
サム・クラフリン
ダグレイ・スコット

1時間35分 (2011年)

ユナイテッド ミュンヘンの悲劇を見た感想

イギリスの伝説のサッカー選手ボビー・チャールトンを中心にした話です。
ボビー・チャールトンはサッカーの神様ペレなどと同じ時代の選手です。
マンチェスター・ユナイテッドのエンブレム不死鳥の意味がわかる映画ですね。




>>>【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中